TOEICは複数回で受けて、やっと本来の実力が発揮される!?

2012年7月20日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

大学生の頃、就職活動の際に自分のアピールになると思い、TOEICの勉強を始めました。スコアが低いと履歴書に書いてもアピールポイントにならないので、必死に勉強できると思ったのと、少しずつスコアアップをしていけるので、努力のしがいがあると思い、受けました。

TOEICを受けた印象

受けた印象は、会場は大学や専門学校なので、学校での試験と同じような感じでした。初めて受けた時は緊張しましたが、何回も挑戦しているのでだんだん慣れてきます。学生には受けやすい環境の試験会場だと思いました。ただ、周りに友達がいる方達が始まる前にしゃべっていて、試験会場に全く緊張感がない時があったり、リスニングの際に咳ばらいや、がさがさと動く人の音が気になって集中できないこともありました。
試験は、リスニングで聞いたことがない単語が続くと焦ってしまい、どんどんできなくなるので、わからなくても焦らず落ち着いて問題を解くという強い心が必要だと思いました。何回も受けていると、問題の傾向が分かってくるような気がします。それでも理解できない問題が続くと焦りますが、選択なので確実に答えがわからなくても、TOEICの傾向的にこれかなという予想がつき、余裕がでるようになりました。

TOEICを持ってて得したこと

資格を持っていて得したことは、就職活動の際にTOEICの勉強をがんばったことをアピールできたのと、徐々にスコアを上げて結果を出せたこと、その努力の過程を面接でアピールできたので、評価してもらえました。社会人になってからも英語を勉強する上での目標がもてるので、勉強もしやすいです。一度試験に受かったら終わりというものではないので、何度もちゃれんじできて、その結果は自信にもつながります。実際の仕事で英語を使わない職種への転職活動でも、スコアが高いことやその勉強をした実績は評価してもらえました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop