特に「時間配分」TOEICスコアを少しでも上げるためのポイントを解説

2012年8月9日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

私がTOEICを受けた理由は英語力を上げたかったのと、TOEICを受ける事で有利になる事があるので受けました。もともと私は英語が苦手ででしたが、海外の方とコミュニケーションをしたいという思いから何とか英語力を上げようと考えました。その時に英検なども選択肢としてありましたが、国際的な広まりと評価からTOEICを選択致しました。実際に受けた方の話などを聞いていて、受けてみたくなったというのもありました。

TOEICを受けた印象

初めて受けた時の印象は問題の難易度とかよりも、とにかく時間が足りなかった事が最も印象に残っています。TOEICの勉強で使っていた教材などにも、「本番では時間との勝負になります。」という事は書いてあったので、事前に注意しておいたのですが、いざ本番になると本当に時間が足りませんでした。それでも急いでやったつもりだったのですが、もっとスピードを上げなければいけないとその時は深く反省致しました。

TOEICを持ってて得したこと

その後は普段の勉強でも練習問題を解く際に、時間をはかりながら勉強するなど時間を強く意識した勉強を行いました。まだまだ改善点は多くありますが、かなり良くはなりました。TOEICを受けてから得したことというのは、仕事や進路を選ぶ際に幅が広がった事です。例えば仕事の面接などで「TOEICで○○○点以上」というのが、条件になっている所もあります。 こういった時にTOEICを受けているかいないかで、選択肢が広がるのはとてもありがたい事でした。私はまだスコアが高くはないので今後スコアが上がれば、さらにそういった面で有利になる事はあると思います。スコアを上げる事よりも英語力を上げるのが1番の目的ではありますが、今後も受けれる時は受けてみようと考えています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop