TOEICで就活が変わる!?TOEICを持ってるだけで最終面接まで

2012年4月4日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

まず、受けた理由ですが、これに関しては学生の時に強制的に受けたのがきっかけでした!それ以来、自分自身の英語のスキルアップの為にうけてきましたが、自分の英語のレベルがどれほどあるのかを数字として見たかったので受験していました。印象としては、結構難しいと言うのが一番です。決して簡単ではないですし、毎回テストの形式は似てはいても、簡単に思えた事は一度もありません。

TOEICを受けた印象

また、学校の様に学生が一気に受験する時などは、自分の学校で団体受験などができるのかもしれませんが、殆どは他の大学などの貸し会場で受験を行うのでそこまでいくのが、又大変と言えば大変です。近いといいのですが・・・TOEICは、リスニングと文法に分かれていて、(以前私が受験した時)初めにリスニングから始まり、終わってから文法にはいるので、リスニングでかなり眠くなってしまいます。
なので、リスニングは聞かないといけない所と、聞かなくていいところは聞かないと区別してやってきました。そして、毎回テスト形式が変わると説明が流れるのですが、その時が次の問題を先に読むチャンス!説明など聞いていても何の役にも立たないので、先にどれだけ早く問題を読む事ができるかが大切だと思います。
問題を早くよんでおく事で、どんなことが質問されているのか頭にいれた上で、文章を聞く事ができるので、いち早く答えを導きだすことができますし、問題を早く説く鍵だとおもいます。文章に限らず、絵を見て答える問題も一緒です。先に絵を良くみておくと回答もだいぶん楽になります。

TOEICを持ってて得したこと

資格を持っていて得をした事は、大学の英語のクラスでは、点数によってあらかじめ単位が貰えると言う事でした。例えば、点数が650点以上ある場合は、英語の単位2単位を貰えるなど。後は、就職の時もTOEICを高得点とっていると、TOEIC800以上とかの企業も諦めずに受験できる所です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop