TOEICで600点は2週間で取れる!?TOEICの4つのポイント

2012年4月6日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

私は2年前にTOEICを受験しました!中学生の頃から英語は得意ではありませんでした。洋楽は好きだったのですが、英語の文法や単語のスペルなどとても苦労していました。高校・大学と文系に進んで、すっかり英語とは遠ざかっておりました。日本にいるから英語なんて使わない。そんな考えすら持っていたのです・・・。
就職してとあるメーカー勤務となり5年がたった頃。なんと会社の方針で海外からの留学生が入社してきたのです!まさか私の部署には配属されないと思っていたのですが、なんと私の部下として配属する事が決まったのです。その話を上司から聞かされた時に、あわせてTOEICを受験するようにと業務命令がでました(笑)そうでもしないと勉強しないだろうと思われていたのです。
英語が得意か?と上司から聞かれたので、自信を持って「いいえ」と答えたら、とりあえず600点を目指せと言われたのです。600点がどのくらいのレベルかわからない私はとりあえず600点を目指すこととなりました。その日の帰り道に早速書店へ行きました。数冊の初心向けのTOEIC教材をそろえました。どうやら600点といえば、日常生活や業務コミュニケーションがある程度とれるレベルのようです。

TOEICを受けた印象

サラッとテキストを眺めてから過去問をといてみましたが、まったくわかりません・・・300点いくかいかないか?でした。(がっかりして途中で採点やめましたが・・・)それからは英語漬けの毎日です。通勤時間の電車の中ではiPhoneに入れた教材で勉強をしました。自宅でも帰社後の2時間ほどを勉強時間に充てました。

TOEICを持ってて得したこと

ただ、中学生の頃につまずいた箇所も大人になってみると比較的スラスラ頭に入りました。やはり仕事で覚えないといけないというプレッシャーも良かったのでしょう。4ヶ月ほどで無事に600点をクリアしました。おかげで留学生とのコミュニケーションも円滑に進んで大変助かりました!次回はもっと勉強して高得点を狙いたいと思います!

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop