TOEIC対策!重点的に勉強したいポイントを解説

2012年3月29日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

私はTOEICを受験しました。受けた理由は、会社で受験が義務づけられているからです。昇進や海外取引担当になると特に必要とされます。そのため、費用はもちろん会社負担ですが、個人的にも英語を身につけたいと思っていることや、もし転職などをした時にも英語力の証明となるであろうことから、大学時代から時々受験しています。

TOEICを受けた印象

TOEICは受験するのが主に日本人と韓国人であり、私たちにとって、英語力をアップするのにとてもいい勉強方法だと思っています。それに英語ができるといっても、証明できるものが何もないため、やはりそうなってくるとTOEICが重要だなと思います。これからも受け続けていこうと思います。受けた印象は、私は今回は会社でIPテストを受験しました。そのため、周りは会社の人ばかりでした。
しかし以前、一般の方で受けた時は、老若男女色々な人が受けていたので、やはり世間的に認められたテストであるということを実感しました。TOEICを受ける時には、いつも最後のリーディングがあわててしまうことが多いです。ポイントとしてはパート5を早く解くといいと聞いて、なるべく早く解くようにはしていますが、やっぱり結構時間がかかってしまいます。ここを重点的に勉強したいなといつも思います。また2時間のテストはだいぶ慣れたとはいえ、集中力との戦いなのでやはり疲れます。

TOEICを資格を持っていて得したこと

資格を持っていて得したことは、今の役職につく時にTOEICの点数が生かせたことです。今の仕事が多少なりとも英語を使うので、英語に絶えず触れるという点で役立っているのではないでしょうか。また履歴書などにも書くことができるのでいいと思います。もし今後転職をする時にも生かせたらいいなと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop