TOEICテストの受験申請から受験までの流れを紹介!

2012年3月30日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

社会人になって3年、こつこつ英語の学習を続けてきたので、力試しにと思い、TOEICを受験しました。今はインターネットから簡単に受験申請ができるし、受験料もクレジットカードで簡単に支払えるのですね。TOEICってちょっと敷居が高いなと思っていたのですが、受験するのは思っていた以上に手軽でした。力試しなので、特にTOEIC向けの勉強はしていなかったのですが、試験形式の確認のため、TOEIC模試の本を買って何度か解いてみました。

TOEICを受けた印象

これは、本当に必須だと思います。TOEICはリスニング試験の指示もすべて英語だし、英検などでは出てこない問題形式もあるからです。形式を知らなかったら相当焦ると思います。純粋に力試しで受験される方も、模試だけは何度かやっておくべきだと思います。試験当日は、会場で受け付けの後、試験場に着席し、時間になると試験官が試験の説明や準備をしてくれます。リスニングの音量や音質に関しては、試験官・受験者双方がかなり敏感になっていましたね。
ある受験者は、自分の真上にエアコンがあり、雑音が大きいから席を代えてほしいと要求して、実際OKということになっていました。他にも何名か席の変更を要求した受験生がいました。もし受験環境に不服があったら早めに申し出ておくべきですね。それから、さすがTOEICだなと思うのは、本人確認が結構厳しかったです。受験票に顔写真の添付が必要なのですが、ちらっとかじゃなくて、かなりしっかり写真の本人かどうか確認されました。

TOEICを資格を持っていて得したこと

その後の試験は、もちろん模試でやっていたとおりの形式で、特に焦ったり困ったりするようなことはなかったです。休憩なしの2時間という長丁場なので、当日の体調やコンディションを整えておくことも大切だと思います。私は、リーディングの最後の方はもう集中力が切れそうで大変でした。実際、うつらうつらしている受験生もいました。この資格を持っていて得したことはまだ実生活ではないのですが、TOEICに取り組んでいるというのは、意欲の表れということで社内でも高評価です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop