TOEICでのヒアリングの重要性を考えての対策法

2012年3月30日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

当時通信関係の外資系企業に勤めていた私は、キャリアアップのために、別の外資系企業への転職を考え始めていました。転職を準備するにあたり、まず私がしたことは、リクルーターへ登録することでした。登録の際に私の履歴書を見て、リクルーターの担当者にアドバイスされたことは、「あなたはかなり英語ができるらしいが、履歴書にそれが書かれていない。TOEIC検定を受けていれば、そのスコアが人事部へのアピールになりますよ。」でした。そのアドバイスを受け、私はただちにTOEICの受験を決めました。

TOEICを受けた印象

時間の制約もあり、ほとんどぶっつけ本番で、TOEICを受験をしました。受けてみてはじめてわかったのが、ヒアリングの重要性でした。いいスコアを得るためには、かなりの集中力が必要だと思いました。英語の実力そのものは、言うまでもなく大切です。が、TOEIC検定受験前日のコンディション調整も大事です。受験中も試験だけに集中できるようにする、これがとても重要だと思います。

TOEICを資格を持っていて得したこと

受験の結果は990点満点中、965点でした。この結果を履歴書に記入できたため、希望どおりの外資系企業に、たいへんスムースに転職を決めることができました。リクルーターの担当者のアドバイス通り、TOEIC検定はわかりやすい、英語力のアピールになる資格だと実感しました。外資系企業に就職したい方にはTOEIC検定は基本中の基本の資格になると思います。
あまり英語力に自信のない方には地道な準備をおすすめしたいと思います。転職後の企業で順調にキャリアアップをしている現在の私です。TOEIC検定とリクルーターの担当者に心からありがとう、と言いたいと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop