TOEICのテスト対策で英語力の幅をつけることが出来る!?

2012年3月30日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

今働いている会社は、英語を必要としない環境です。ですが、必ず必要になってきますし、メリットも沢山あります。海外の情報も把握できますし、旅行ももっと楽しくなる。将来への可能性の幅も広がったり、海外の友だちもできて色んな世界を知ることができます。海外と接点を多く持つようになれば今度は自分の国、日本を見直すきっかけにもなります。するともっと日本のいいところを知ろう、伝えようということを考える人が増えてくると思います。そういう意味での国際人が増えれば強い国になると思うのです。
それに何と言ってもこのままだと中国の学生に負けてしますかもしれない。条件のいい、大企業志望なら最低でも900点はないとだめだとのことです。それに比べ日本はせいぜい670点くらい、平均で700点でしょうか。「中国に負けたくない」と思い今、950点を目指している、というわけです。何度か受けた経験があるのですが、リスニングはほぼ完璧です。これは自信がかなりあります。耳だけはいいのです。

TOEICを受けた印象

ただ2時間とぶっとうしの試験なので集中力がとぎれがちです。しかもリスニングはものすごくゆっくりなので、途中で眠くなってしまう時があります。気をつけないと聞き逃す可能性あり、です。前日はたっぷり睡眠をとることを心がけています。リーディングは苦手です。特に文法が苦手なのです。穴埋め問題が非常に辛いです。なので文法、単語を覚えるのが課題です。

TOEICを資格を持っていて得したこと

でも記事を読んで答える問題はちゃんと読めればかなり回答できるのでどれだけ穴埋め問題を早く解けるか、にかかっています。得したことは、あまりないのですが、「私は英語ができる人間だ」と思われているので何か英語でわからないことがあると頼りにされます。ただ、もっと英語を活かせる環境に移りたいし、もっとビジネス英語を身につけたいので転職を検討中です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop