英語の勉強を始めるならまずはTOEICで英語力を確認!

2012年3月30日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

私は英語を勉強するきっかけを作ろうと、昨年の春、TOEICを受験しました。ちょうどその頃、ステップアップの為の転職を計画しており、TOEICなら合否ではなく点数なので、なにかしら履歴書に記入できるのではないかという考えもありました。勉強する為に、まずは仲間を募りました。自分一人だけでは挫折してしまうと感じたからです。
職場の同僚たちを誘い、4人で受験することにしました(結果的には別々の会場での受験となりましたが)。書店へ行ってTOEIC対策の参考書と、単語の本を購入しました。通勤時にも勉強できるようにと考え、鞄に入るサイズを選びました。電車の中では、ポッドキャストで無料公開されているTOEIC対策の番組や、NHKニュースの英語版を聴いて過ごしました。最初はまったく聴き取れなかった会話やニュースでしたが、耳が慣れてくるにつれなんとなく単語が聴き分けられるようになってきました。

TOEICを受けた印象

当日は久しぶりに味わう「試験会場」の雰囲気に少し緊張しました。周りは皆、自分と同じくらいかそれ以上の年齢の大人たちが多く、企業内での昇格にも影響があるのでしょう、静かな気迫のようなもので満たされていました。そしてテストが始まると、説明アナウンスも問題文も、全てが英語です。気が休まるヒマがありません。ずっと気を張っていましたが、その緊張感が良い方向に作用したようです。
前半のリスニングの時間は最後まで集中力を切らすことなく、耳を傾けることができました。後半のリーディングでは、さすがに終盤、疲れが出てきましたが集中して進められていました。しかしまさかの終了時間勘違いという痛恨のミスをおかしてしまったのです…。マークシートを最後まで埋めることが出来なかったのは心残りでした。数か月後に送付されてきた結果は、予想以上にリスニングの点数が良く驚きました。リーディングは予想通りの出来の悪さでしたが…。

TOEICを資格を持っていて得したこと

その直後、転職の為に受けた面接ではさっそく「外国語の勉強はしていますか?」と質問され、「つい先日結果が届いたのですが、TOEICは○○○点でした」と答えることができました。このことがどれだけ有利に働いたかはわかりませんが、見事採用が決まりました。今後も英語力アップの為、TOEICは定期的に受け続けようと考えています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop