海外での仕事を考えているならTOEICで英語力を証明!

2012年3月30日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

私は最近TOEICを受験しました。なぜTOEICを受けたかというと、将来は海外と提携した仕事がしたいと考えているからです。そのためにはまず、現地の人とコミュニケーションを取らなくてはならないため、英語が話せる必要があります。もちろんTOEICを持っていてもしゃべれるわけではありませんが、TOEICは英語を母国語としない日本人にとって有益なテストであり、勉強していて損ではないと考えたからです。
またリスニングやリーディングはビジネスでも使える内容となっており、大変役に立つと考えたからでもあります。また就職などにももっていると役立つし、履歴書などにも英語能力の証明ができるので受験することはいいのではないかなと思ったからです。さらに言えば、勉強することは自分を高める上でとても大切なことだと考えているからでもあります。

TOEICを受けた印象

受けた印象は、やはり時間の使い方が大切だなと思いました。TOEICは問題数が多く、時間との戦いにどうしてもなってしまいます。そのために、時間配分をしっかりとする必要があります。また問題数が多いのでどうしても途中で疲れてきてしまうので、集中力が必要だなと思いました。あと塗りつぶすのに結構時間がかかっているなということと、問題がもらえないのが残念だなと思います。もしもらえたら、あとから自己採点できたり、今後受ける時にもう一度復習できるのに、残念だなと思います。

TOEICを資格を持っていて得したこと

私は資格を持っていて特に得したことはありません。しかしかと言って損をしたこともありません。また、就職をする時に英語力の証明にはなると思います。それに自分の人生において目標となったり、趣味や自信となったりすることは多いにあると思います。今後も高得点を目指して、受験しつづけたいし、英語能力の向上に努めたいと思っています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop