英語豆知識!TOEICでの効果的な時間配分法を紹介

2012年3月30日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

学生の頃は英検や漢字検定などの資格を受けてみる機会が多かったのですが、社会人になるとそれもさっぱりです。私は昔からどちらかと言えば向上心があるタイプで、何事にも前向きにチャレンジしていこうという姿勢を持つように心がけています。ですから、いろいろな資格を取ることにも意欲的で、社会人になってから秘書検定や簿記なども受けてみました。
そして、英語に関しては今まで英検2級までしか持っていなかったのですが、改めて自分のスキルをはかってみるためにも英語の検定を受けてみようと思いました。いつまでも英検しか持っていないのも寂しいので、今回はTOEICにチャレンジです。近場の試験場で受けられるように申し込んで、試験対策のための勉強を開始しました。

TOEICを受けた印象

近くの書店でTOEICの公式問題集を購入して、いざ過去問題にチャレンジ。問題をやっていくと、案外次の設問へ進むスピードが速くて戸惑いました。英語の検定を受けるのもしばらく時間が空いてしまっているし、普段から少しは英語を話す機会はあるものの、本格的に勉強していた訳ではなかったので少し焦りが生まれてきてしまいました。特に時間配分はとっても難しいと思います。
リスニングはもう迷っている暇はないし、後半での文章問題も簡単に解きやすいものから長文を読んで解答するものもあります。ですからひとつひとつの問題を解いて行くスピードも、良い点数を取るためには必要不可欠だと思いました。申し込んでからしばらくは必死に英語の勉強をし、久しぶりに引き出してきた辞書なども大いに活躍させました。

TOEICを資格を持っていて得したこと

そして試験に臨みましたが、何度も問題集をやったおかげか、案外スムーズに問題を解くことができ、見事800点台を獲得しました。友達や家族にも自慢して、一緒に喜んでもらいました。資格自体を取ることも大事ですが、そのためのプロセスというか、そのために勉強して身に付いたものはとても価値のあるものだと思います。私もTOEICのおかげで英語力がアップした気がします。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop