TOEIC活用法!英語で不得意な部分を客観的に分析できる

2012年3月30日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

転職活動をしていたときに英語力の指標になる客観的な証明が欲しかったのと、試験をきっかけに英語の勉強に力が入るだろうと見込んだのが主な理由です。やはり試験でよい点を取りたいといった強い動機がないとなかなか勉強もやる気になりませんから。

TOEICを受けた印象

まず受験のシステムがとても厳格でした。受験者の本人確認と不正防止の注意事項が非常に厳しく、自分は写真付きの身分証明書を入手するために苦労しました。受験会場にある掛け時計を使わず、試験監督の腕時計を基準にして、試験前にみんなで時間合わせをしたのも印象的でした。受験者はどんな年代の人が多いのか興味があったのですが、あらゆる年代の人がいるにはいましたが若い学生が中心的で、自分は少々居心地の悪さがありました。
座席があらかじめ指定されていて、リスニングの際に聞き取れない後ろの席になったらどうしようと不安でしたが、比較的手前の席に座れたので安心しました。もっともリスニングの音声はとても明瞭でしたので、後ろの席になったとしても問題はなかったかもしれません。当日の会場内は適度な空調で、冷房の効き過ぎる室内が苦手な自分には快適だったのですが、一部に会場が暑くて試験に集中できなかったと苦情があったらしく、後日希望者に無料で再試験ができますとお知らせが届いて驚きました。

TOEICを資格を持っていて得したこと

試験では結局あまり大したスコアは取れなかったのですが、意外と転職の面接で英語力があると評価されることが多く、客観的な指標があるのとないのでは大違いなのだと実感します。自分でも現在の英語力を客観的に認識でき、試験結果の分析で具体的に習得の足りていない項目を指摘されたので、今後の英語勉強の方向性を確認することができたいへん参考になりました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop