英語が苦手な私が英語試験で唯一TOEICだけを受け続けた理由

2011年12月31日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

TOEICを受けた理由は、点数がよければ就職に有利になるという話を聞いたからです。受けた当時は、あまり詳しくTOEICを理解していたわけではありませんでした。ただ、就職する時に英語能力を示すためには、TOEICで点数を取らなければいけないという理解でした。
TOEICの良い所は回数が多いので、費用はかかりますが比較的気軽に受けれるところだと思いとりあえず1回受けてみようと思って受験しました。試験の形式だけは確認して、大して勉強もせずに受験をしました。

TOEICを受けた印象

テストはリスニングとリーディングに分かれていて、まず最初にリスニングが行われます。これがとにかく長いです。英語を聞くための能力は当然、必要になりますが、聞き逃さないための集中力と根気、体力が必要なテストだということを実感しました。一度、聞き逃したところに拘ってしまうとどんどん先に進んでしまうので、聞き逃したところは諦めることも大切だと思いました。
リスニングが終わると、リーディングの問題に取り掛かります。こちらも量がとにかく多いので、分からないところに拘らないで先に進んだほうがいいようです。特に長文の問題は、自分に合う合わないがあるらしく、文章の内容がぴんとこないと理解することができませんでした。
結局、1回目のTOEIC受験では、全部解答することが出来ずに終わってしまいました。結果は400点を少し超えた辺りというあまり褒められた結果ではありませんでした。

TOEICを資格を持っていて得したこと

この結果自体は就職活動にそれほどいい影響を与えた訳ではありませんでしたが、就職した後に会社で支持されてTOEICを受験した時には、前に受けた時の経験を活かして受験することが出来、100点以上スコアアップすることができ、スコアアップしたことによる報奨金を少し貰うことが出来ました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop