TOEICでは集中持続力がかなり重要!?問題の多さが問題

2011年12月31日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

私は過去に何回かTOEICを受験しています。一番始めに受験した理由は、大学の英語の授業の関係で、クラスをわけるために強制的に受験しないといけなかったからです。
その後も大学で無料で受験できたこともあり、何回か受験しました。しかし、私は英語系や国際関係の学部ではなかったので、あまり熱心に勉強していませんでした。しかも就職の際も英語とは無関係の会社に就職しました。
そのためしばらくは英語とは無縁の生活を送っていました。しかし、その後転職を考えるようえになり、私の分野の仕事は極めて求人の少ない特殊な職種だったため、転職が難しい状況でした。
プラスαの強みを持とうと思い、TOEICの点数に見られるや英語力とその職種に関する技術とを持ち合わせることにより転職の幅が広がるのではないかと思いました。実際にそのようにして、転職成功なさった方も周りにおりました。
そしてそれからまた受験するようになりました。また途中で短期留学もしているので、耳が超えている時期に受験したかったという理由で受験したこともあります。

TOEICを受けた印象

TOEICを受けた印象は、2時間で200問を解答するというのはかなり大変だなと思いました。勉強を始めたうちは最後の方で、よく時間が足りなくなりました。英語がわかるわからない以前に持続力や忍耐力が必要だなと実感しています。
またわからない時は潔くあきらめて、次の問題にとりかかることが大切だと思いました。前の問題を考えているうちに次の問題が来てしまって、結局その問題の重要な所を聞き逃したなどということはよくあります。

TOEICを資格を持っていて得したこと

資格を持ってて得したことは、あまりありませんが、履歴書などに記載できることと、面接などを受けた時に英語のできる人という視点で見てもらえることです。しかし得とか考えずに、英語学習のためにこれからも勉強を続けていきたいです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop