TOEICで高得点を取りたいなら何度も挑戦することが一番の近道!

2012年1月4日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

私は昨年末TOEICを受けました。受けた理由は、派遣会社になるべく多くのスキルを登録したかったからです。それまで履歴書には「日常会話程度」と書いていましたが、企業のサイトを見ると具体的に何点以上、という条件が書いてあるところが最近は多く、やはり受けておかねばと思いました。
また、英語は中学の頃から英会話教室などに通っていましたので、生活レベルくらいはできるのですが、実際何点くらいなのか分からなかったため、一度知りたかったと言う事もあります。

TOEICを受けた印象

実際にTOEICテストを受けてみて、印象はとにかく例文が早くて聞き取れないということです。また、英・米に加えオーストラリアのアクセントで話されるので、それも混乱する原因になりました。
初回はただでさえ緊張していますので、聞き取れないという事がさらにプレッシャーになり、本当は集中すれば理解できた事もあったかもしれませんが、とにかく耳を右から左に通り過ぎていきました。
私の受けた会場はスピーカーの質もよく、声ははっきり聞き取れましたので、やはり早いリスニングに耳が慣れていなかったせいと思います。
また、解答用紙に何か書くのは禁止されていて、メモも取ることができませんので、全ての内容を暗記する必要がありますが、緊張しているのでそれもうまくできず、初回はめちゃくちゃでした。後で受けた人に聞いたら、皆最初はそうだというので少し安心しましたが、それでもやはりへこみました。
実際に受けた結果は思ったより低い720点で、それから受けていませんので、実際の就業に関してはあまり得したことはありませんが、それでも自分でレベルを知れたという事と、何がウィークポイントかがはっきり分かったことが何より得した点です。

TOEICを資格を持っていて得したこと

また、それほど高い英語力が求められない会社であれば、TOEIC720ならそこそこ喋れるという感じで見てもらえるところもあります。何より、点数がはっきりしていれば、採用するほうも明確な目安になっていいのだと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop