語学力の証明としてTOEFL試験は最適

2011年7月6日
LINEで送る
Pocket


TOEFL受けた理由

[browsershot url="http://www.cieej.or.jp/toefl/index.html" width="200"]受けようと思った理由は海外の大学に入学するための語学力の証明として受けました。最初はどの英語圏の国へ留学するか定まっていなかったので、どの国でもポピュラーなTOEFLにしました。

TOEFL受けた印象

そもそも英検もうけたことのない英語大嫌いな私がはじめてうけた試験なのでとても勉強は大変でした。TOEFLは文法にとても厳しく、出てくる単語も専門的かつアカデミックな物ばかりなので、自分の苦手な分野のものが問題で出てくると損した気分になります。
しかもパソコンの画面で回答していくのに慣れず、ペーパー試験よりも集中力がいるような気がしました。自分のペースでやっていくので他の受験者の空気もちょっと気になってしまって、特にリーディングは長文を画面上でおっていくのがとても大変でした。
ライティングのキーボードの操作なども慣れないとあせってしまってタイピングミスなどで時間をロスしてしまう等、英語のスキル以外の部分も試験の結果に反映してくるのが難点だなと思いました。
何度か受けたのですが、初めての試験の時はあまりにもパソコンの画面とにらめっこしすぎて疲れたのかリーディングの最中に睡魔が襲ってきたのを覚えています。
結局留学先が英国に決まったので、途中でTOEFLからIELTSを受験することになったのですが、個人的には総合的にTOEFLの方が難しいと思います。
後々大学のネイティブの友人にも問題を解いてもらいましたが、ネイティブの人も親しみがないトピックなどが出題されるのかとても難しいと言っていました。

TOEFL資格を持ってて得したこと

私の卒業した大学ではTOEFLを語学の証明として提出する場合、多少点数が引くめでも考慮してくれたのでそういう意味ではTOEFLを持っている方が融通利いてお特かなと思いました。
就職する際にも英語力の証明として使えますし、どの国でも一般的にTOEFLは有名なので受けてよかったです。そして、後々TOEFLを経験したおかげでTOEICを受けるのがすごく楽に感じました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop