BATICを狙うなら一緒にぜひ!TOEFL体験談

2011年6月29日
LINEで送る
Pocket


TOEFLを受けた理由

[browsershot url="http://www.cieej.or.jp/toefl/index.html" width="200"]TOEFLを受けたのは、大学で勧められたからでした。当時、TOEICは知っていたのですが、TOEFLは知りませんでした。ですが、英検の二級をもっているのだからそれなりにはとれるだろう、大学受験で勉強した貯金があるから、今なら楽勝だろう、と考えていました。
何の対策もせずに、過去問を見ることもせず、どんな試験のスタイルなのかも知らずに、受験しました。結果は敗北でした。あまりにも結果が悪かったので、英語のクラスを変更させられたくらいでした。
ところが、変更後の英語のクラスでは、教師が「何で君はここにいるの? 上のクラスで十分やれるでしょうに」と不思議がられるしまつでした。英語ができないわけではないのです。
TOEFLができなかっただけなのです。英検やTOEICとくらべて、TOEFLは実践的や海外向けと言われています。実際、私のように英検では良い結果なのに、TOEFLで惨敗する人は少なくないように思います。

TOEFLを受けたときの印象

その原因は、試験のスタイルでしょう。TOEFLは、英検などよりも、スピード勝負の側面が強いです。ゆっくり考えて正解を導くのではなく、早押し勝負といった感じです。合格するにはテクニックが必要です。
イメージとしては、センター試験に近いと思います。リベンジに燃える私は、TOEFLの問題集を買い込み、勉強しました。本から得た情報では、やはりTOEFLはテクニックです。
同じ問題、似たような問題が必ず出るので、過去問を対策しておけば、それだけで点数を稼げます。他の問題に使う時間の確保にもなります。また、TOEFLはスピード勝負でありながら、それなりの試験時間があるので、体力・集中力を要します。

TOEFLを受けて得したこと

受けるなら、若い時の方が絶対に有利だと思います。TOEFLでそれなりのスコアをとった結果、その後に受けるBATIC(国際会計検定)の弾みになりました。BATICを狙うなら、TOEFLも一緒に狙うのが良いと思います。雰囲気がかなり似ていますし、単語の勉強などがかなり重複します。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |  

pagetop