海外の大学に入学するために必須なTOEFLの2つの魅力

2011年12月22日
LINEで送る
Pocket


TOEFLを受けた理由

私がTOFELを受けた理由は、今までの仕事に飽きてきて、ずっと憧れていたアメリカへ留学に行くために行動しようと思ったからです。留学の手続きを完了する前は、仕事を辞めませんでした。
昼は職場で仕事し、週三回夜はTOFELの専門学校に通っていました。社会へ出て仕事をしながら、勉強するのは大変でした。毎週繰り返し過去問をやり、模擬テストも山ほどやりました。そして私の苦手な英語作文も毎週出るので書かなければいけませんでした。
半年後、本番の勝負で一回目に510点を取りました。つまり、アメリカ大学に入学できる点数に達したのです。その時はとても嬉しかったです。そして早速、アメリカの大学を選びにかかり、その後ついにアメリカへと旅立つことができました。
いま思い出すと、やはり、何事も成功するためには、自信と努力が大切だと感じました。やる気を出さなければ、無理やり勉強するのは希望の結果を得ることができません。英語を上達させる上では、自分の英語に対する趣味をいかに引き出すかが最も重要なことだと思いました。

TOEFLを受けた印象

TOEFLを受けたときの印象はかなり難しかったイメージがあります。単語も、文章も大学の英語よりずっと難しかったです。単語や文章以外に、スピードも重視しなければなりません。スピードも勝負の大きな要因でした。いかにスピードを上げるかが高点数を取れるかに繋がってきます。
前回の受験で、510点という成績が出ましたが、わたし自身はそんなに満足していませんでした。これからもっと高いスコアを目指していきたいと思います。周りの人々はすごいと褒めてくれましたが、私はここで有頂天にならないで自分と勝負してこつこつ頑張ろうと思っています。

TOEFLを資格を持っていて得したこと

TOEFLを受けて得したことについては、アメリカから帰って来たとき、再就職でTOEFLの点数がすごく役に立ちました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop