リーディングが苦戦しました!TOEIC体験談

2011年7月17日
LINEで送る
Pocket


TOEIC受けた理由

[browsershot url="http://www.toeic.or.jp/"width="200"]TOEIC受けるきっかけは、当時趣味で通っていたECC英会話スクールの先生に力試しに受けてみてはと勧められたことでした。ECCでも、TOEICに近い感じの実力テストは用意されていましたが、それと違って、刺激にもなるしモチベーションもあがるから、と強く推され受
初めて受けるので、TOEICのテスト方法に慣れるようにと、過去の問題集を買って解いたり、ちょっとしたコツを友人から教えてもらったりして試験日までを過ごしました。

TOEIC受けた印象

でも、当日教室に入ってみて、「何この緊張感・・」とはじめ驚きました。私のように気軽に受けにきた者と、他の受験者の方の気合の入り具合の違い。 また、主催者側の説明や注意事項も、ほんとにきちんとしていて大学入試さながら。
これはちゃんと気合いれなきゃと思いなおし、テストスタート。初めのヒアリングはわりと好きなセクションだし、時間配分も気にすることなく問題がだされる毎に回答していけばいいので、楽だったのですが、後半のリーディングセクションでは、案の定時間がだんだん足りなくなってしまい、結局、最後の方は問題に目を通す時間すらなく、ただただマークシートの「B」を塗りつぶす作業で終わってしましました。
終わった時は、頭が真っ白でしばらくの間、ぼ~としていました。あんなに頭を使ったのは大学卒業以来、久しぶりでした。後日、郵送で届けられた結果は、600を少しきるスコアでやはり、リーディングがかなり苦戦したスコアになってました。

TOEICを持ってて得したこと

英語を使う職種の仕事ではないので、特に得をした経験はありませんが、転職のとき履歴書にかいていたら、「英語やってるの?」と質問されるのでなんとなくもっとスコアアップできたらなと自己啓発になっています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop