専門分野の洋書を読みこなせるように!TOEIC体験談

2011年7月17日
LINEで送る
Pocket


TOEIC受けた理由

[browsershot url="http://www.toeic.or.jp/" width="200"]TOEICを受験した理由は、勤務先で推奨されていたからです。勤務先では、一応、昇進の条件の一つとしてTOEICを600点以上取らなければ課長級以上にはなれないというものがありました。
最も、この条件は必須ではなかったのですが、それでも職場の大抵の人たちはTOEICを受験していました。また、試験会場も会社内に用意されており、外部で受験するよりも場所的に受験しやすかったという事情もあります。
そして、何よりも会社が受験費用の一部を負担してくれるというありがたい補助がありました。とは言え、試験日時は平日の定時後となっており、みんな仕事で残業をしなければいけないほど忙しい中、TOEIC受験に時間を取られるのは辛かったところです。

TOEIC受けた印象

TOEICを受験してみて思った事は、最初、この試験を受ける前には英語でこんなに長い時間の試験を受けるのは初めてなので、大変なのじゃないのかと言った心配をしていました。また、リスニングも大変そうだとも思っていました。
実際、受験してみると黙っていても時間は流れていくものですから、そういった心配は無用でした。逆に、時間が足りなかったなというのが実感でした。一度、受験をしてみると、特にそれなりに手応えがあった場合にはテスト結果が帰ってくるのが楽しみでした。
テスト結果に一喜一憂した思い出があります。TOEICを受験したからと言って、今のところ昇進など何か具体的に得をしたことなどはありませんが、それでも英語に対する意識が変わりました。

TOEICを持ってて得したこと

TOEIC受験を契機に英語学習を継続的に行い始め、今では専門分野の洋書を何とか読みこなせるまでになりました。翻訳されるのを待たずに読めるということは、しかも大抵の場合、翻訳本より洋書の方が価格が安いのも合わせるとメリットが大きいと思います。TOEIC受験のメリットといえばこれになります。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop