英検を持ってるだけで自分の自信にも繋がる

2011年7月3日
LINEで送る
Pocket


英検受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]中学時代に英検の4級と3級を受験し合格しました。その当時、通っていた中学校の英語の先生が英検の受験に積極的で多くの生徒にすすめていたのでそれをきっかけに受験したのを憶えています。
このころは英語の試験でも圧倒的に英検の知名度も高く、この当時、流行っていた「中学時代」や「中一コース」の中学生向けの雑誌や、進研ゼミなどの通信講座の記事などにもしばしば取り上げられて多くの中学生が関心を寄せていたと思います。
中学生でも取れる資格で人生初めての資格試験でおとなに近づくような感覚があったかもしれません。英検の4級は中学二年のときで、授業の一環でも、英検の問題をプリントして体験するなどの取り組みがありましたが、対策というほどでなく先生の話によると、4級ぐらいだと普通に中学校の授業を受けていれば、それほど英検4級用の対策をとらなくても大丈夫だろうということで、実際の受験の際にも、とまどいもなく、受験会場も自分の中学校ということもあり比較的慣れた環境で受けることができ合格できました。

英検受けた印象

3級は中学三年で受けましたが、少し難しくなってきて、英検3級の補習的な時間を英語の先生が設けていただきその授業を受けました。特に、3級は2次試験に面接があり、こちらのシミュレーションを英語の先生にわざわざやっていただきました。
面接会場の教室に入るときの英語「May I come in?」というところからマニュアルシートを用意してくださり、かなり実際の試験に近い練習ができたと思います。そのおかげで面接も緊張しながらもなんとかこなし合格できました。

英検を持ってて得したこと

何かと中学生で初めての経験ばかりでしたが、今思うと、中学の英語の先生がかなり面倒見ていただいたおかげだと思います。初めて資格が持て、自信もついてよかったともいます。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop