自分のレベルがはかれる資格です!TOEIC体験談

2011年6月29日
LINEで送る
Pocket


TOEIC受けた理由

[browsershot url="http://www.toeic.or.jp/" width="200"]私がTOEIC検定受けた理由は、今後必ずビジネスの面において必要になるだろうと感じたからです。TOEIC検定受けたのは5年ほど前でしたが、その後大手企業を中心に社内公用語を英語とする会社が大きな話題となりました。
グローバル時代の突入と叫ばれてずいぶんとなりますが、その名の通り世界の経済はその垣根なくし、国境を越えて様々な人種が同じ会社で仕事をするケースがずいぶんと増えたように感じられます。
そうしたなかで、やはり自分自身がグローバル時代のなかを生きていくためには、英語という言語を理解し喋れることは、必ず大きなメリットになると思い、TOEIC検定を受けることにしたのでした。

TOEIC受けた印象

TOEICを受けた印象は、想像していたよりも難しいと感じました。そして、自分自身の英語に対する理解力がまだまだたりないということを実感したものです。
人によっては、TOEICでよい点数をとったからといって英語を喋れるようになるわけではないという人もいますが、私はTOEIC検定を実際に受けてみてそのようには感じませんでした。
なぜなら、TOEIC検定を受けることで実際に自分がどの程度英語と言う言語を聞き、その言語を理解できているのかということが点数でしっかりとわかるからです。
英語を聞き、それを理解することで相手がなにを伝えたいのかが理解できれば、相手の要求に対してのアクションの起こし方、行動がわかるからです。英語を喋る力は、英語を聞き、それを理解することで慣れていきできるようになるとTOEIC検定を受けて感じました。

TOEIC資格を持ってて得したこと

また、TOEIC検定である程度の点数をとることができるようになってからは、実際のビジネスにおいても大変役に立っています。英語を理解できることで、最近では国外の人とも仕事をする機会が増えてきているということもあり、仕事がスムーズにいくのはやはり大きいです。
TOEIC検定は現在の自分の英語に対する理解力が点数としてわかるため、とても自分のレベルがはかれる資格だとおもいます。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop