デザインに英語を使うとき活かされる!TOEIC体験談

2011年6月29日
LINEで送る
Pocket


TOEIC受けた理由

[browsershot url="http://www.toeic.or.jp/" width="200"]大学生のときに国際系の学部に属していたので、授業の一環として試験を受けていました。特に3回生以降は「就職活動に便利だ」「有利に働く」と聞いていたので、真剣に勉強して挑んでいました。
TOEFLも受験経験がありますが、TOEICのほうが比較的企業向けなので、履歴書等に資格として書きたい場合はTOEICを受けるべきだと思います。検定試験の雰囲気は、定期的に大学内で行われるので試験会場も通いなれた教室で受けることができ、いい環境だったと思います。
周りも友人や知り合いが多く、本当にいつもの大学のテストと変わらず緊張せずに受けることができていました。勉強法は、リスニングは苦手なので文法のほうで点数を稼ぐために参考書や問題集を買って練習しました。

TOEIC受けた印象

実際の試験会場ではリスニングに有利な席と不利な席があるように思います。(スピーカーから遠い、窓に近く騒音が気になる、など) そのときは試験官に申し出て、席を替えてもらうこともありました。
比較的柔軟に対応してくれます。TOEICはリスニングが点数の半分以上を占めるので、遠慮せず言うようにしていました。(今思うと、大学だったからできたのかもしれません。対応できない会場の方が多いかもしれませんが・・)

TOEIC資格を持ってて得したこと

スコア650(英検2級程度)だったので履歴書に書くと「英語がまあまあできる」という認識はされるようで、面接でも「簡単なメールならできますか?」「英語で電話の受け答えができますか?」といった質問をされることもよくありました。
しかし、私は聞くことと書くことはできても英会話はほぼできないので、逆に履歴書に書くことをためらうこともありました。今の会社はデザイン会社なのでTOEICのスコアが特に有利に働いたということはありませんが、あのときの勉強が、デザインに英語を使うときに活きていると実感しています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop