英語力を大きくアピールする資格!TOEFL体験談

2011年6月29日
LINEで送る
Pocket


TOFL受けた理由

[browsershot url="http://www.cieej.or.jp/toefl/index.html" width="200"]私が、大学一年生のときに大学でアメリカ、またはニュージーランドの姉妹校となっている大学への交換留学制度がありました。学部を問わず交換留学希望者を募り、その中で何名かが選抜されるというものだったのですが、その選抜方法のひとつとしてTOFLが用いられておりました。
交換留学の条件は決められており、希望者が少なく人数に満たない場合でも希望者全員が参加できるというものではなく、条件の最低ラインはTOFLのスコア550以上を取得というものでした。
その中でも成績上位者は学校が留学費用を負担してくれることもあり、私は費用を学校負担で海外に行かせてもらえるならと孤軍奮闘、鼻先ににんじんをぶら下げられた馬のように必死に勉強して受験しました。

TOFL受けた印象

TOFLの試験は馴染みのある大学の教室で行われたため、他の受験会場に行くことと比べたら緊張は少なかったと思います。試験は緊張感に包まれた雰囲気があるので会場選びも大切ではないでしょうか。
試験自体は問題数が多く、また長文も今まで勉強してきたものとは内容が違い、実社会に近い内容で、時間が短かったという印象があります。

TOFL資格を持ってて得したこと

この資格を持っていて得したことを3つご紹介したいと思います。1つは、自分の力を試すことができたということ。どの資格取得、受験でもそうかと思いますが、私にとってTOFLも自分の力を試すいい機会になりました。
また、TOFLの場合にはこのレベルならアメリカのどの大学の条件に合うといった判断の基準にもなります。2つめは、交換留学に行き、異文化を肌で経験できたこと。
受験の目的であった交換留学に行くことができました。海外でのキャンパスライフ、ホームステイを通じ、衣食住、ものの捉え方などの幅が広がりました。 3つめは、仕事。
TOFLは海外の大学受験用と思われる方も多いかと思いますが、大学のみでなく、企業に対しても英語力を大きくアピールする資格になったと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |  

pagetop