海外旅行の際に役立ちました!英検体験談

2011年6月29日
LINEで送る
Pocket


英検を受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]私が英検を受けたのは高校3年生だったでしょうか。英語力もさほどなかったのですが、担任の先生から進められ受験しました。まずは3級を受験。リスニングは単語の部分しか聞き取れませんでしたが、なんとなく理解し、回答したものでした。

英検を受けたときの印象

ですが、結果から言うと正解していたようです。3級は無事に合格することができました。難しい英単語はなく、ある程度の単語を理解できる人であれば、3級は合格することができると思います。
続いて、1つ階段を上って、準2級に挑戦です。これが、3級とは比べ物にならないほど、難しいでした。リスニングも何を言っているかさっぱり。しゃべるスピードもとても早く、3級みたいに聞く人(受験者)側の立場になってゆっくりしゃべるというものではなかったのです。
単語を聞き取れたかなと思った時には、既に違う話題になっているという感じで、全く内容が理解できませんでした。その他文章についても、単語や述語もハイレベルのものが多く、1つ分かってもあとが分からなければ、文章としてつながらない。
英語初心者にありがちなパターンでしょうか。結果は案の定。不合格です。私がこの2階級を受験して感じたのは3級と準2級があまりにもレベルが違うということでした。
一般世間に3級取得者が多いのも納得です。3級までは、通常の授業を受けて入れば、そこまで無理することなく合格することができると思います。でも、準2級からはやはり、英語の得意な方や大学等で専門に受けている方等ではないとなかなか難しいと思います。

英検を受けて得したこと

そして、一番重要なこと。この3級取得が役立っているかというと、海外旅行の際にとても役立ちました。少しの単語を知っているだけで相手に通じます。これだけで、ショッピングやタクシーに乗車することもでき、英語力の無さを痛感することはなく、楽しんで旅行することができました。
日常生活ではなかなか使うことはありませんが、持っていて損をするものではないと思います。少しでもしゃべることができれば外国人とのコミュニケーションの輪が広がり、生活も豊かなものになると確信しています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop