英語ができるイメージに見られる!英検体験談

2011年6月29日
LINEで送る
Pocket


英検を受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]高校生の時に英検を受けたのは、周囲も受けていたからという安易な理由でした。ただし、少し背伸びをして、上の級に挑戦しました。英検は知名度も高く、大学受験に有利になるかもという気持ちもありました。

英検を受けたときの印象

英検は歴史が長く、多くの人が受けているイメージが、今でもあります。受けた印象は、思ったよりも緊張しなかったというものでした。高校受験、大学受験などにくらべると、たとえ駄目でも、一年以内に何度も受けられるというのが大きいと思います。
また、ある程度の級までは、中学生、高校生が多いのですが、上の級になるほど、年齢のばらつきは大きくなってきます。背伸びして上の級を受けると、周りは年上ばかりとなります。
同世代ばかりだとライバル意識もあり、それがプレッシャーとなりますが、年齢差がありすぎると、逆にプレッシャーはありませんでした。ただし、面接はそうはいきませんでした。
私自身が(英語での)会話が苦手ということもありますが、面接では待ち時間があるため、余計なことを色々と考えてしまい、自分で自分にプレッシャーをかけてしまっていました。
先に受けた人が自信なさげな顔で戻ってくると、結構へこみます。また、自信ありげに戻ってこられても、不安をかきたてられました。試験の補佐してくれる人はバイトのことも多く、気楽な雰囲気を醸し出している方もいるので、話しかけてリラックスするのもいいかもしれません。
問題を教えてくれたりはしないのですが、少し会話するだけでも緊張がほぐれます。短い時間でしたが、補佐の人と仲良くなれたので、「がんばってね」と送り出してもらいました。
気持ちがスッキリしていたせいか、面接は順調で、合格することができました。一緒に受けた人の感想を聞く限りでは、受かっているか微妙に感じる場合は、十分合格できるみたいです。

英検を受けて得したこと

英検を取得していたことで、英語ができるイメージに見られたりします。また、大勢の人が同じ試験を受けているので、自分がどれだけできるのかの目安にもなります。また、仕事関連でも、英検のスキルが明文化されて要求されたことも多々ありました。    

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop