英検合格で受験にも弾みがついた!英検体験談

2011年6月29日
LINEで送る
Pocket


英検を受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]英検2級を大学受験浪人中に受けました。通っていた予備校の先生が通い始めてすぐ大学受験にも役に立ち資格も取れることから薦めたていたこともあり、受験することにしました。
高校時代は英語が苦手でしたが英語自体は嫌いではなくどちらかといえば、将来海外に行って英語を使ってみたいと思っていたので英語を勉強する取り組みのモチベーションとしても良いかと思っていました。

英検を受けたときの印象

英検2級のレベルもちょうど大学受験のレベルぐらいでセンター試験のレベルとも近いので英検2級の勉強がそのまま大学受験の勉強で一石二鳥でした。
また1次試験を通過すると2次試験で面接があり実際に試験官と会話をする試験が待っていたので、より実践的な試験だと思いました。
英検自体は中学時代3級を受けたこともあり、レベルが違うだけで1次2次の形式そのものは戸惑うことはありませんでした。普段の大学受験用の英語と英検の1次の筆記試験は特に区別せずに勉強を進めていました。
少し問題集を見て取り組んだ程度です。どちらかというと2次の面接試験対策として、シミュレーションをたて事前に練習をくりかえしました。
質問に答えて、その理由を述べるといったパターンをつくり、よく使いそうな構文を繰り返し暗記して自然と口から出てくるように練習しました。
実際に受験してみると受験英語自体苦手だったので、1次の筆記試験はあまり自信がありませんでしたがなんとかパスし、2次試験を受けることになり、緊張しましたがシミュレーションのおかげで想定していた構文なども使えて2次の面接試験が終わったときは「これはいけたかも。」と手ごたえもありました。

英検を受けて得したこと

実際に合格通知が来ると大学受験に失敗して浪人している身にとって、とても励みになり、その後の受験勉強に弾みがつきました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |  

pagetop