大学院に無事合格できた!TOEIC体験談

2011年6月29日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

[browsershot url="http://www.toeic.or.jp/" width="200"]TOEICを受けた理由は大学院受験にTOEICのスコアが必要であることから、受験することになりました。私の場合は大学の学部からそのまま大学院にあがったのではなく、一度社会人を経験してから大学院にいきました。
社会人になってからは日常ではほとんど英語を使うことも業務で使うこともなかったので、かなりさび付いていた感じがしていたので英語の勉強をやりなすといった状態でした。
TOEICは私の学部時代にはまだそれほど浸透しておらず、聞いたことがあるテストというイメージでその当時の大学院入試は大学独自のリスニングのないテストでしたが、何年かのうちに多くの企業や入試にも取り入れられてメジャーなっていきました。

TOEICを受けたときの印象

最初受けた印象は問題まですべて英語だったことやリスニングは一回しかないことなど非常に難しい印象をうけました。今まで受けた試験で一番難しいと思ったぐらいです。
何回か受けているうちにTOEICは慣れの要素もあり、ある程度内容がわかってくるとそれほど難しくはないがやはり高得点をとるのはいまだに難しいといった状態です。
最初に受けたテストは散々なスコアで高校生の平均レベルぐらいだったのでかなりショックでしたが、大学院を受験するためにはあるていどのスコアを取らないといけないので対策本やネットでのTOEIC対策、TOEIC体験談を読んで取り組むことにしました。
社会人になってからの勉強だったので興味が持てるように工夫するなどして継続するようにしました。そうこうしてTOEICの勉強を1年ぐらいすると大学院生の平均点が取れたので、そのスコアを提出して大学院受験にのぞみ合格できました。

TOEICを受けて得したこと

その当時は、TOEICは大学院受験用に受けましたが、就職活動するときにスコアを記入できるので就職活動用にわざわざ受ける必要がなかったのはよかったです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |  

pagetop