合格・不合格のテストではなく点数で結果が分かるTOEIC

2011年9月30日
LINEで送る
Pocket


大学3年生のころ、就職活動の対策のため、TOEICを受けたことがありました。当時の私は本当に資格が何も無くて、勉強していることと言えば大学の専攻だった法律と必修の英語くらい。
しかし法律の資格は簡単な資格でもきっちり腰を据えて取り組まないと取得できないレベルのものが多く、就職活動が始まってから取り組むには遅すぎました。なのでせめて英語関係の資格をと考えてTOEICを受けることにしました。
TOEICを受けた印象は試験時間が長く、問題数が多いなという感じでした。ちなみに私が通っていた大学は入学式の直前に団体受験でTOEICを受けさせられて、その成績に応じて英語のクラス分けがされていました。
ですからTOEICを受けたのは初めてではなかったのですが、やっぱり相変わらず試験内容にはボリュームを感じてしまいました。普段から大学ではリーディングもリスニングも一応TOEIC対策用のテキストが使われていたので、そこそこ対応できるかと思いきや、大学の授業の範囲では対策が足りなかったようです。
筆記・リスニングともにわからなかった部分が多かったですし、問題全部に目を通すことができませんでした。大学受験当時から3年経つと単語も忘れていますし、受験生時代から文法を疎かにしてしまっていた部分があったので、いい点をとろうと思うのなら英語の基礎からもう一度徹底的に対策しておくべきだったなと感じました。
資格を持っていて得したことは、自分の英語力が客観的にわかったことです。それまでは大学の英語の授業でいい成績をとったり、訳が褒められたり、また塾講師のアルバイトで英語を教えたりして、自分はそこそこ英語ができるんだという意識でいたのですが、まだまだ甘かったということがわかりました。
合格・不合格のテストではなく、点数で結果が出るので、定期的に受験することで、「次のTOEICではもっといい点をとろう」と英語学習のモチベーションにつながっていくと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop