英語初級者の目標として英検受験を薦める訳

2011年9月30日
LINEで送る
Pocket


中学生の時に挑戦した英検

中学生の時に、当時通っていた塾の講師が進学クラスの生徒は英検をとっておきなさいと言っていたので、周りの子も受けるというし自分も試しにチャレンジしてみることにしました。
問題もほとんど忘れていますが、筆記試験は簡単だったイメージがあり、出題レベルは高校一年生程度となっていましたが中学レベルでも充分だったと記憶しています。
今は範囲などが変わっているのかもしれないのであくまでも当時の話です。筆記試験は団体試験に慣れていたこともあるし、受験番号が友達と近かったこともあり緊張はしていなかったので、ほぼ実力どおりの力が出せたと思います。
筆記試験は合格し、塾や学校でも喋ることはほとんど無かったので会話試験は受かってから三級用のリスニングを復習しました。実技試験の日はちょうど部活動の大会日に重なってしまい、顧問も間に合うように協力してくれたものの、間に合うか間に合わないかになってしまい、友達と副顧問の同行でタクシーで会場に乗り付けたことを懐かしく覚えています。
実技の試験管はとても優しく、めちゃくちゃ緊張していたもののわからなくても何でもいいから答えよう、と思えました。案の定、marryという単語を知らなかった私は誰がトムと話していましたか?という内容にマリーと答えてしまい、もうダメかと思っていましたが自分でも驚くことに何と受かってしまいました。わからなくてもとにかく話そうとすることが良かったのかと思います。
あと試験官がウォーミングアップだからリラックスして答えてね、という最初の会話も採点に入っていたんじゃないかとも思いました。会場まで何で来ましたか?という質問にタクシーです。と答えてさすがに驚いていましたし、部活動があって、と何とか英語で説明して試験官もわかってくれたからです。
三級はやはり受験のときに面接で触れられることが多く、それだけでも充分やった価値があったと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop