やっぱり難しい!通訳になるための通訳案内士試験を受験してみた

2011年9月30日
LINEで送る
Pocket


通訳を仕事にしたいなら通訳案内士試験

外国人に通訳しながら、お金をもらってお仕事をするには、国内では「通訳案内士試験」という試験に合格ししてから都道府県知事の登録を受ける必要があるのですが、試験内容からして、真剣にこの試験と向き合わないと生半可な気持ちではクリアーする事はできません。
合格するには英会話や新聞だけ読めるような語学レベルだけでは足らず、半年以上はやはり多くの日本に関わる書物を英語で読んで、仕事の傍ら勉強し続けなければいけません。
このテストをパスするには、本当に通訳して外国人観光客等をガイドする事が好きでないと挫折しやすいと思います。「地理筆記試験」、「日本歴史筆記試験」、「産業、経済、政治及び文化に関する一般常識筆記試験」などなど
しっかりとした理解と英語への訳し方をしなければとても合格はおぼつかないので、なぜこの試験を受けているのか、その後に自分は本当は何がしたいのかを今一度考えるチャンスの節目にあるので、ここでやはり「通訳案内士」になりたいと考えたらもう突っ走れます。
受ける理由は、やはり持っている事で人生の幅や仕事の幅が広がる事だと思います。ないよりは有った方がいいと思いました。
また、受けた印象は「楽しい」の一言に付きます。普段から英字新聞を購読して英語には慣れているのですが、日本の文化や日本地理や経済等を改めて英語で知識を入れていくのは新鮮で、とにかく「楽しい」の一言につきるのです。
自分が生まれて育ったこの日本を英語を通して外国人に教えていければ日本の為にもなりますし、知的好奇心が満たされます。高校の教科書、大学入試で詰め込んだ歴史や地理、政治経済を英語で習得するチャンスは本当にこういう資格取得に接してこそだと思うので、またとないチャンスと心得て学ぶと楽しくて仕方有りません。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop