お年寄りも受けていた!?英検を子供と受けてみた

2011年9月30日
LINEで送る
Pocket


子供と一緒に受けてみました

最近、小学生の子供を連れて、受けに行きました。受けたのは子供です。英検の試験会場は、本当にお子さんが増えています。小学生もちらほらみかけました。みんなだいたい3級くらいから上を受けているようです。
親の意識もだいぶ変わってきて、子供に英語教育を受けさせたい人が多いですし、実際受験対策にも、英検は有効だということで、英語熱がすごいですね。小さいお子さんたちですけど、特に騒がしい様子もなく、みなさんもくもくと手続きをされていました。
受けた印象ですが、お年寄りが、腕試しで何回も続けて受けている方がいらっしゃったり、小学生の姿が目立ったり、中高生が、学校の授業の一環で受けていたりと、いろいろです。
待合室で小学生のお母さんと一緒になったので、いろいろ界隈の英語教室の情報交換をしたり、どこの図書館には児童英語の蔵書が多いかなどの話をしたりしました。
子供はお年寄りに話しかけられて、がんばれと激励されたそうです。なぜかチョコレートまでもらっていました。いろんな年齢の人が受けますから、日頃あまり一緒に机を並べたりしないような年齢の方と、同じ試験を受けたのは、子供には印象深かったようです。
子供は試験を受けに行くこと自体は嫌がらないので、長い目でゆっくり受け続けて行こうかなと考えています。本人は英語が好きだし、資格がある事で、英語力の証明になる事もぼんやりわかってはいますね。
次は1級を受けます。結局資格って持っているか、持っていないかのふたつにひとつなので、大人になって受けるより、今時間のある時に、まだ記憶力があるうちに、手早くとってしまう方が、あとが楽ちんかなと思っています。
本人は落ちてもケロっとしていますし、親のほうも、まだ小学生なので、ゆっくりかまえていられるので、こういう難易度が高い試験は、早いうちから始めてしまった方が、余裕をもって取り組めるのかもしれません。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop