こんなに気軽に受けれるの!?TOEIC受験記

2011年9月30日
LINEで送る
Pocket


英語の学習にとTOEICを受験

私は今年の頭に、TOEICを受けました。英検とは違い自分の今の実力が数字になってハッキリ見えると言う面、今後の英語の学習の励みになるのではないか、履歴書にも書く事が出来るという点で受けてみようと思いました。
私は英語を独学で学んでいたので、参考書の購入にためによく本屋さんへ立ち寄っていた所、よくTOEICという文字を目にしていました。始めは一体何なのだろうか?という興味から、誰でも気軽に受ける事が出来る事を知りました。本屋さんで、受講の書類をもらい手続きをしました。
TOEICテストの当日が来るまで、仕事の空いた時間や、帰宅してからも気が入って勉強する様になりました。独学で自分のペースで勉強していた私にとって、こんなに刺激になる勉強法はないと感じていました。
当日がやって来て、試験会場の大学まで行きました。社会人になって学校へ行く機会など全くなかったので、多少の緊張はありましたが私にとってそれは新鮮でもありました。
色んな年代の方々が受講されているんだなと知り、ますます試験が楽しみでした。大学に入ると、TOEICのスタッフの方々が分かりやすく案内してくれましたが、さすがに教室に入ると緊張してきました。
2時間のテストはあっという間に過ぎました。TOEICの受講から、テスト終了までの全体を通して『あ、こんなに気軽に受けれるのだな』といった印象が持てました。結果がハガキで自宅に送ってきて、その内容にも満足でした。
知人や会社に、TOEICで自分の実力を数字で示せる手段が出来た事が、私にとって良かった事だと思います。今後転職する事があった場合にもそれは役に立つと思います。TOEICとは趣味感覚でつき合えていけたらなと思っています。次のテストまで、また頑張りたいです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop