なんとなく受けた英検4級が高校受験で大活躍するとは

2011年9月30日
LINEで送る
Pocket


先生の薦めで受けた英検

英検4級を初めて受けたのは中学生の2,3年生の頃だった。当時の私は、英語に興味があり、いつも習ったことを自宅でも学校でも簡単なフレーズをしゃべっていた。
それが理由で英語の先生の薦めもあって、なんとなく受けた実用英語検定試験4級だったが、その時は、資格取得の為に受けるというよりは、学校の定期試験かなんらかの小テストだと思っていた。
確かに受験前に受験代を集めていたことに疑問に思ったが、それほど重要なものだとは思わなかった。まして、履歴書に書いたり、高校や大学の内申書に書かれたりするのだとは思わなかったが後の高校入学でそれが大活躍したことも事実だった。
試験を受けた感想は、非常に簡単だったと思う。しいて難しいといえば、リスニング問題だけだろうか?その理由として、問題の回答のほとんどは4択で、後は並び替えでその問題で1センテンスを正しい形に並び替えた2箇所の記号を、解答用紙に記入するだけだった。
学校の期末テストや中間テストは、選択問題もあったが、記述問題などがあり、スペルミスや理解力も求められたので、それと比べると問題の回答に関しては非常に簡単だった印象があった。
受験場所は、準会場、つまり通っていた学校の土曜日に行われたので、特に民間資格を意識せず、ほとんど普段行っている実力テストのような状態ように受験した。
ちなみに、受験前まで、先生が授業中用意した教材以外は使わなかったのを覚えている。それが理由でリスニング問題は酷かったが、他の問題はそうでもなかった。
もちろん、点数は今では忘れてしまったが、見事に合格していたので、非常にラッキーだったと思う。その後、その資格は、高校入試の時、担任の先生が私の内申書に記載されたらしく、見事合格した。
なぜなら、その資格以外に、他に目立った長所は見当たらないので、高校受験ではその資格が有効だったのだと考える。特に最近では、大学入試や留学先でもその資格を入学審査の対象になると聞いたのでまさにこれが理由で高校も合格したのだと確信した。
もし、将来可能ならば、英検1級まで挑戦し、合格を目指せたらと思う。今が、まったく英語の使わない職場に勤めているが、もしかしたら、それが原因でいい機会が得られるのではないかと期待している。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop