難関と言われる英検1級を受けてみたら、あっさり…

2011年9月20日
LINEで送る
Pocket


英検受けることにした理由

英検は中学生だった時に3級を受けたっきりでしたが、大人になってから1級を受けて、合格しました。受験の理由は、子供が準1級を受けに行くというので、付き添いで行こうと思ったのですが、ついでに自分の英語力も試そうと思って、一緒に受けてみたということです。

英検を受けてみての印象

私が受けた会場は、地元の中学校でした。受験の進行をしていたのは、近所の国立大学の生徒さんたちです。受験者がその時は少なかったので、割とリラックスして受けられました。
あまり受験用の対策はしていませんでしたので、ライティングなどは少し戸惑いました。結果は合格で、子供に対して示しはついたかなと思っています。二次試験は、私一人しか受験者がいなかったうえに、試験官は日本人でした。
ネイティブ相手だと緊張したかもしれませんが、相手が日本人の、年下らしい人で、彼の英語の発音が、ネイティブとはかけ離れていたことで、ちっとも緊張しませんでした。二次試験の方が、リラックスして受験出来たと思います。おかげさまで、こちらも合格しました。

英検の資格をもって得したこと

主婦業をしているので、特にこの資格があったから得をしたということはありません。主人の会社から、翻訳のアルバイトをもらったり、海外の友人と話をする時に、自信になったかなというくらいです。
ただ、子供達は今後、英語力を判定しなければいけない場面に来るたび、英検やTOEICの級や点数を、説明しなければならない世の中になっています。子供はまだ準1級で停滞しているので、はっぱをかける際に、お母さんだって取れたんだから、あなただって取れるといえるのが、今のところ良い点かもしれませんね。
子供の英語学習を見てあげることもできます。最近は、子供と一緒にCNNのニュースを見て、それぞれの意見を英語で言い合うという方法で、英語学習をしています。子供の世界の見方って、まっすぐで、核心を突いていて、はっとさせられることが多いです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop