TOEIC受験でコツコツと継続して英語を勉強する力となった!?

2011年8月31日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

私がTOEICを受けた理由は、自分の英語力がどのくらいかと確認するためと、仕事を探すときのために履歴書に書けるくらいのスコアを取るためでした。良いスコアは滅多に出ませんが、自分のレベルをチェックする意味をこめて、TOEICは1年に2、3回程度の頻度で受けています。
同じようにテストを受けている友人がいますので、お互いなんとなく競いあっているようなところもあります。先月久しぶりに受験しましたが、やはりテストというもの自体の雰囲気を忘れてしまっているため、それに慣れるのに少し時間がかかりました。

TOEICを受けた印象

受験者は社会人の人が多かったです。テストはリスニングから始まり、終了まで約2時間ですがある程度の長さの文章を読んで答える問題が多いため、私はいつも時間が足りません。読むスピード力がある方にとってはTOEICは向いているテストだと思います。
テストはその回によって、簡単/難しいと感じることがありますので、スコアもばらつきがでてしまいます。何回か続けて受けてみるといいかもしれません。

TOEICを受験して得をしたこと

以前、800を超えるスコアを取れたことがあり、その頃にちょうど仕事を探していました。そのスコアを履歴書にのせたところ、自分の希望だった英語を使う仕事に就くことができました。
それ以前は、なかなか良いスコアがとれず、その状態で英語を使った仕事を探していましたが、資格も無く英会話にも自信の無い私にはほとんど仕事の紹介が来ませんでしたので、良いスコアをとれたことは本当に大きな一歩につながりました。
次のテストではなぜかスコアがぐっと下がってしまったためかなり慌てましたが、それが逆にその次を受けるモチベーションとなり少しずつでも勉強しようという気持ちになりました。
やはり一度高いスコアを取ると、それを塗り替えようと自分との戦いになります。そしてそれが、語学学習に一番大切な「日々コツコツと継続して」英語を勉強する力となりましたので、やはりTOEICを受験していて良かったと思っています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |  

pagetop