自分の持ってる英語力を客観的に確認したくて受験したTOEIC

2011年8月31日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

TOEICを受験しようと考えた理由は、就職活動時、履歴書に少しでも説得力を持たせるために、自分の持っている英語力を客観的な指標で示したかったからです。
大学在学中に、短期の英語留学も経験していたので、その経験に裏打ちされた英語力を持ち合わせていることを示す意味でも、TOEICを受験しようと思いました。

TOEICを受けた印象

実際、TOEICを初めて受験したときは、留学から戻ったばかりのときで、ぶっつけ本番で受験してしまったため、試験の内容や運びがわからずあわててしまい、たいした点数を取れませんでした。
その反省を生かして、あらためてTOEIC向けの勉強をし、2回、3回と受験することで、その得点も徐々にではありますが、伸びてきたのは嬉しかったです。TOEICを受験してよかったことは、繰り返しになりますが、客観的な指標として、自分が持っている英語力を示せたことです。

TOEICを受験して得をしたこと

就職した時点での英語力も評価してもらえましたし、就職してからも時間を作って勉強し、英語力の伸長を示す努力を会社から認めてもらえたことは、本当に励みになりました。
TOEICの試験は、「読む、聞く」が中心で、「書く、話す」はあまり求められませんが、会社で業務を遂行していると、ごくたまにかかってくる英語の電話に、「おい、代わってくれ!」とあわてて受話器を渡されるようになりました(笑)。
電話の応対は多少緊張しますが、やはりビジネスに直結することですので、話は慎重に進め、話の進展や内容をあらためて相手にメールするなどのことが求められます。
そういったケースでもやはり英語力が生かされているように感じます。これからも、TOEICを軸に、自分の英語力を磨いていこうと考えています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |  

pagetop