履歴書に書くことの出来る英検は取っておくべき検定です

2011年8月19日
LINEで送る
Pocket


TOEICを受けた理由

[browsershot url="http://www.toeic.or.jp/" width="200"]10年くらい前になります。英語が好きで、普段から洋画を見たり、NHKのニュースをバイリンガル放送で聞いていたりしていました。実生活で英語を使う機会はほとんどありませんが、自分の英語力がどのくらいのレベルなのか知りたくてTOEICの試験を受けてみることにしました。
以前にカルチャーセンターで英会話を習っているときに、ビジネスマンの人がある程度自分の言いたい事を講師の先生とやりとり出来ていたので、そのビジネスマンの人に何か資格を持っていますかと聞くと、TOECIのスコアが600ありますと言っていたのもあります。
私としてはTOECIのスコアが400くらいあれば、いいなと思いました。TOEICの受験の手続きをすませて、受験票が届きました。TOEICの試験の当日まではいつも通りの生活でした。

TOEICを受けた印象

初めて行く会場は英会話学校のようでした。学生が多いように思いました。私と同じような40代くらいの女性や、ビジネスマン風の社会人の人もちらほら見かけました。受験票に書いてある番号の教室に入ました。
しばらくして問題用紙が配られて、試験がはじまりました。特に難しい印象はありませんでした。たまに解らない単語などもありましたが、気にせずにどんどん進んで、問題をこなしていきました。
試験の後半はヒアリングでした。会場のスピーカーから英語が聞こえてきました。大体、内容は理解できました。英語の聞き取りをしながら、テスト用紙に回答を記入しました。焦らずにいつもどおりにしていれば、大体半分くらいは理解できると思いました。

TOEICを受験したその後

数ヵ月後、TOEICの結果が送付されました。スコアは400でした。自分の思っていた通りの結果でした。満足しました。大人になってから履歴書に書くことの出来る資格は格別なものがありました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop