英検は様々な面で評価される検定の1つです。

2011年8月19日
LINEで送る
Pocket


英検を受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]もともと英語が好きで積極的に勉強していましたので、中学のときから英検を受験していました。最後に受けたのは、英検準1級で、高校3年のときに、大学受験の内申書に記載する目的もあって受けました。
また、2次試験では口頭でのフリートークでの会話試験もありましたので、オーラルの力を社会的な資格として試したいという気持ちもあり、受験しました。 受けた印象としては、筆記については英語力だけではなく内容も深いですので、きちんと勉強しておいてよかったという点でした。

英検を受けた印象

大学の国語の入試試験を英語で受けているような印象でした。また時間配分も大事だと感じました。二次試験については、会場の雰囲気としてとても緊張する場だというのが、一番の印象でした。
フランクな試験官でしたので、緊張がすぐほぐれてきちんと会話することができましたが、10分間程のフリートークですが、緊張するかしないかが、大きく結果を左右するなと感じました。

英検を受験して得をしたこと

資格を持っていて得したことは、大学受験の際に資格が考慮されたことです。高校からの推薦状を書いてもらうときにも、先生方が考慮してくれました。自分自身としても、高校の英語の成績だけですと、筆記がメインの試験の成績の成果しか示せすことができませんが、英検があると、オーラルの力や応用力もあると示すことができたと思います。
また、面接の際にも英検をきっかけにして、自分の英語に対する意欲を伝えることができたケースが多々ありました。応用的な英語力がある、英語を勉強する意欲があると伝えるのに、公的な資格はとても強いと感じました。
社会人になる時の面接でも、若いときに英検をきちんと取っているという点は、能力だけではなく、学生の時から継続して勉強をしているという点でも評価できるとおっしゃってくださった方もいました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop