TOEICは日常生活を送る為の英語力を試す為の検定だと思います!

2011年8月19日
LINEで送る
Pocket


TOEIC受けた理由

[browsershot url="http://www.toeic.or.jp/" width="200"]大学3年の秋に初めて受験しましたが、就職活動の履歴書に書くことも考えて、就職活動のために受験しました。就職のときに重点を置いて見られるのは、英語検定よりもTOEICだと聞いていたからです。

TOEIC受けた印象

実際に受けた時の印象は、社会人になるための資格というよりは、英語が公用語の国に留学したりして、勉強したり日常生活を送るための英語力を試すための検定ではないかなと思いました。
ビジネス英語というよりは日々の会話や、学生同士、学生と教授の会話などが多かったからです。また、英語としても、イギリスの英語というよりは、アメリカ英語に近いように思いました。
全体的なイメージとしては、アメリカの大学・大学院をきちんと履修できる力を試すための試験、というのが一番しっくりくる感じだったと思います。また、英語力だけではなく、試験自体の時間が長い上に、問題の量も多いので、時間配分のスキル、そして集中力を試される試験だと感じました。

TOEICを受験して得をしたこと

TOEICのスコアを持っていて得したことは、就職活動の際に、自分について話をするきっかけとなったことです。面接の際にも、履歴書に記載しているだけで、そこから「どれくらい英語が使えるのか?」「なぜ英語を勉強したのか?」「海外に興味があるのか?」といった話題のきっかけとなりました。
また、社会人になってからも、TOEICのスコアを伝えれば、簡単に人に自分の英語力のレベルがだいたいどれくらいかというのを伝えられますので、共通の指標として役に立ちます。
また、一般的に、TOEICを受けている、ということ自体が、英語・海外に携わっている、意欲があるという形にポジティブに受け止めてもらえることが多くあります。同じ社会人同士で会話するときにも、TOEICを受けたことがある、そのレベル感を知っているということで、共通の認識の話題が作れるのも、得する点だと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop