英検を持っていたおかげで内申書に書くことが出来ました

2011年8月19日
LINEで送る
Pocket


英検受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]中学2年のときに、学校から受けるように言われたので英検3級を受けました。そんな感じでなんとなく応募してしまったため、英検のために問題集を解いたりとか、対策は一切していませんでした。
当時は学校の授業の他にECCに通っていたので、基本的は文法はしっかり頭に入っていたかと思います。しかし英検3級は正直中2には難しく、完了系など、まだ習っていない文法も出て来ました。

英検受けた印象

マークシートのほとんどを勘で答えてしまっていた覚えがあります。ですが、まぐれで筆記に受かり、面接を受けることになりました。今もですが、面接とか人前で話す場ではすごく緊張してしまう性格なので、めちゃくちゃ心拍数があがっていたのを覚えています。
面接官はネイティブの方でした。白人とアジア系のハーフのおじいさんみたいな感じの人でした。面接の内容自体はとても簡単です。中学1年生レベルでしょうか。英文と絵が書いてあるカードを渡されて、それを音読したり、質問に答えたりという感じです。
例えば「木の上に何羽の鳥がいますか?」「三羽います。」みたいな感じです。三単現がちゃんと出来ているかとか、本当に基本的な問題ばかりでした。中学の授業を普通に受けていれば問題ないという感じです。

英検を受験して得をしたこと

英検3級を持っていて得したことは、高校に内部進学で上がるときに、内申書に書くことができたのがよかったです。私は特に目立った実績もなかったので、せめて資格の欄に何か書けたのがよかったです。
それから、大学生になってから塾講師のアルバイトで中学生を教える機会があったのですが、たまに「英検対策をしてください」と言われるんです。予告なくその場で言われるので、事前に準備は何もできないことが普通なのですが、幸い英検を受けたことがあったので、どんな感じなのかはだいたいは把握できて、受けていて良かったなと思いました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop