英検という目に見える資格が自分自身の自信にも繋がります

2011年8月19日
LINEで送る
Pocket


英検受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]先日とても久しぶりに英検を受けてきました。英検は中学の時から受け始めましたが、大人になってから受けるとまた気持ちが違う気がします。 なぜ英検を受けたのかと言うと、今ハローワークに通っていて、転職の際にはいつも資格欄に英検を書くのですが、中学3年の時に英検3級を受けたきりで止まっていて、社会で通用するような英語力があるとは言えない級なのでそれを更新したいと思い受けてみました。
実際独学ではありますが、ずっと英語の勉強をしてきているのでそれなりに実力はついていると自負していたのでなんだか楽しみでした。実際受けてみて久しぶりのテストの雰囲気にわくわくしました。

英検受けた印象

しーんとした部屋でみんな一斉にカリカリとテストを受ける空気。なんとなく緊張感が走っておもしろかったです。自分の実力がわかるので私はテストは好きです。今でも多くの若い人たちが受けているのをみてなんだかいいなと思いました。
語学は若ければ若いほど覚えやすいし、習得しやすいと思います。ですからそちらに集っていた人たちにもがんばって!と心の中で思いました。その後、結果がでてみると合格。今回受けたのは2級でしたがすんなり受かりました。とても嬉しかったです。

英検を受験して得をしたこと

この資格をもっているとやはり履歴書にも堂々と書くことができるので気持ちがいいです。実際は次の準1級をとりたかったのですが、何となく自信がなくて2級にしてしまいました。
でも次は準1級も行けると思います!そうすればさらに自分の履歴書にも自分自身にも自信が持てる気がします。結局自分自身はそうでなくても、社会で自分自身の判断基準は目に見える資格や免許などが重要になってくると思います。
これからのグローバル化していく社会で、英語はできて損はありません。現在も多くの外国人が日本に来ていますが、そのような環境の中で自分が英語の能力を発揮することができると目に見えて表せるので、このような資格をとってみるのもすごくお得だと思います。企業側もないよりある方を選ぶと思いますので。私もここでやめず、次回また次のステップへ挑戦します!

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop