TOEICに比べ英検は比較的取得しやすい資格だと思います

2011年8月19日
LINEで送る
Pocket


英検受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]通っていた中高が大変英語教育に力を入れており、中学1年生時より先生から受験を勧められていたためです。5、4、3、準2級と流されるまま受けていたので、その流れで受けたのが第一の理由、友人たちの多くが受験し合格していたため、受けたら合格できるのではないかと考えたのが第二の理由です。
しかし何よりも大きな理由は、英検も2級以上を持っていれば履歴書に書ける資格として使えるのではないか、大学受験でもし推薦をとることになったとしても有利に働くのではないかと考えたことが大きかったです。

英検受けた印象

2級は筆記と面接の両方が実施されるので以下順番に書きます。まず筆記試験は、それまでの準2~5級までと特別変わらず、特に難しいとは思いませんでした。
先ほど書いたように当時英語教育に力を入れている学校に通っていたため、普段の授業にプラスして、1週間弱専用の問題集を解いただけで十分対応できました。
大学受験に向けての勉強をしていれば、全く問題無いと思います。問題と関係ないところでは、やはり英検という
のは中高生が多く受けますので、中高を試験場に選んでしまうと、その学校の生徒が集まり、試験開始前、休憩時間などに大変騒がしくなります。
そのような点で集中力が途切れてしまうというのならば、中高を試験場に選ぶのはお勧めできません。次に面接について書きます。面接は日本人面接官、外国人面接官の両方がおり、どちらにあたるかは面接開始まで分かりませんでした。
個人的には日本人と英語で会話しあうことが不毛に感じてしまい、あまり好きではなかったのですが……どちらにしても大きな違いはありません。まず雑談(今日は何時に起きたのか、調子はどうか、試験場までどのような交通手段を使ってきたのかなど)を行った後、具体的な問題に移ります。
雑談では、必要ないことまで話すことはありません。私は2級を2回受けましたが、1回目の面接で、「元気ですか?」と聞かれ、「元気ではないです。今日寝坊してしまい、気分は最悪です」など話して面接官の笑いをとりましたが、結局attitudeの点数が伸びず、合格点と1点差で落ちました。
最低限の受け答えさえ、元気に明るくできていればいいと思います。落ちる場合は大抵、態度(attitude)の点数が低くて落ちるので、とにかく元気に明るく、はっきりと話すこと、最低限の受け答えで良いのでコミュニケーションが取れていることが大切だと思いました。

英検を受験して得をしたこと

就職活動を行った際に履歴書に書けること、客観的評価が可能な資格を持っているかなど面接で聞かれた際に答えられたことは得したと思います。TOEICで高得点を出すことに比べると英検は比較的取得しやすい資格だと思いますので、受けて持っていることに損はないと思います。
私は大学で時間的余裕がなくTOEICが受けられなかったので、高校時に取得したこの資格で就職活動はすべて乗り切りました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop