TOEICを受験するメリットが特に感じられませんでした。

2011年8月19日
LINEで送る
Pocket


TOEIC受けた理由

[browsershot url="http://www.toeic.or.jp/" width="200"]TOEICを受験した理由は、会社で昇進の条件としてあげられていたからです。また、受験費用も会社からの補助があり、個人での負担は1000円で済む他、受験会場も会社の構内と言うことで試験会場への移動の手間も省ける点も大きなメリットでした。
勿論、この様な施策を行っている会社なので、職場でもTOEIC受験を推奨するプレッシャーみたいなものを感じていたのも理由の一つに挙げられます。普通の神経をしていたら、職場の同僚から上司まで、皆受験しようとしているのに自分一人だけ受験しませんとは言えませんので。

TOEIC受けた印象

受験して感じたTOEICの印象ですが、受験前にはあまり得意とは言えない英語の試験を長時間にわたって受けるのは大変そうだと思っていました。実際に一度受験してみた所、何もしなくても時間は流れていきますので、只、流れに乗っていけば良い状態で思っていたよりは楽でした。
また、何度か受験回数を重ねるにつれ、試験中は誰もがテストに集中しているので、まるで会社内で一人にしておいてくれる時間を確保したかのように感じ始め、試験開始前には試験中にトイレに行きたくなった場合を心配して何度か繰り返しトイレに行っていましたが、いざ試験が始まるとリラックスタイムであるかの様に感じたこともあります。

TOEICを受験して得をしたこと

TOEICを受験したことで得をしたことは特にありません。会社の昇進の条件とされていたのですが、結局、TOEICのスコアに関係なく昇進する人は昇進していきますし、また、ボーナスの査定がスコアによって変わっていく訳でもありませんでした。
あえてメリットをあげるとしたら、英語に対する意識が変わってきたという点と、TOEICのスコアをあげていくと転職時に得をするかも知れないと言う点でしょうか。
そうなると、従業員の転職活動の応援をしている会社はリストラをしたがっていると言う事になりますね。まあ、まとめると、上記しましたが特にメリットはありません。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop