就職をする為の資格として受験!TOEIC体験談

2011年7月23日
LINEで送る
Pocket


TOEIC受けた理由

[browsershot url="http://www.toeic.or.jp/" width="200"]就職するための資格として、英語の必要性がとかく情報としてあったため、受験しました。自己啓発というよりは、受験しておいたほうが客観的にスコア(点数)がわかって英語レベルの位置付けができるのが利点だと思います。
英語自体はそんなに好きな科目ではなかったけれども、受験用英語として高校や大学進学用英語を学び、一種のノルマのような感覚があります。TOEICは国際的にも普及しつつある有力な資格として、英検のような日本人じみた資格よりも目に留まりました。

TOEIC受けた印象

受験した印象としては、練習問題と同じような問題が出題されたということです。事前にTOEIC対策用の参考書で勉強していたので、それらの問題形式に違和感はありませんでした。
もしも、TOEIC対策をせずに受験すると、出題形式に戸惑う場面も出てくると思います。もっとも何の対策もとらずに聞き取れるかもしれませんが。“In this section of the test,(以下省略)”のアナウンスを聞き流すところから、絵をじっとみて聞き耳をたてているような感じです。
聞き取れるかどうかというので、英語自体不慣れなもので聞く前から身構えることも多いです。若干絵を見ながら、予想しどの話題でくるかなあといったアナウンス待ちです。英語自体、話すと速く感じるので、自身のレベルとして文としてつながらない場合がほとんどで、単語を後から並べたりします。

TOEICを持ってて得したこと

英語は簡単そうでも、日本語からすると、語順が異なっており、前から理解するのは難しいです。結果としてはDランクでしたが、その点数を直接書かずに経験したことを踏まえて、履歴書にしたためたこともあり、商社に正社員で内定入社しました。英語が話せないのに、商社勤務というのは一般的なイメージにありませんが。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop