英語の重要性について痛感しました!英検体験談

2011年7月23日
LINEで送る
Pocket


英検受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]英語実務検定準2級を受けたのは、高校の頃、学校で総合して受験していたからです。それに加え、わたし自身も、英語が好きだったこともあり、受験しました。受験に際し、あまり抵抗がなかったのは、3級の試験を受けてからあまり月日がたたないうちに、次の試験を受けたからでした。
受けてみた感想としては、筆記試験に通過しても、その後にまた面接があるというとても緊張するものだったことを覚えています。特に英検3級までは、内容なども中学の勉強の部分で多くがカバーできますが、準2級になると、それより少し知識が必要となるため、自信をもちきれなかったということもあります。

英検受けた印象

しかし、対策の検定本などを利用して、半年ほど勉強することで、無事に筆記試験は合格。そして、そのあとに受けた面接も無事に通過となりました。受けた印象としては、やはり筆記試験は、難しくて、心から理解できていたかといえば、あまり自信がなかったけど、合格できた、という感じでした。
面接について言えば、やはり英語で話をする機会というのが、すごく少なかった自分にとっては、面接で何を聞かれるかよくわからない場面で対応する、というのは、冒険のような気持ちになるものでした。とにかくテキストをといていたこともあり、どうにか答えることができ、合格することができました。

英検を持ってて得したこと

資格を持っていて得をしたことは、いろんな国際交流に積極的に参加することができるようになったからです。英検準2級というのは、国際交流などの事業に参加するための最低限の条件を満たしたと判断される資格になるので、そうした意味でも役に立ちました。
その後、今までは、英語実務検定を再度受けることはなかったですが、これまで国際交流をしてきて、英語の重要性について痛感したので、これからはまたがんばってみたいと思い、英語実務検定2級を目指して、現在勉強中です。
英語が話せると、いろいろと世界が広がるし、どんな国の人とも交流することができます。それを知ることができた今、改めて振り返っても、まだ世界をよく知らなかった時代からでも、英語の勉強をしていてよかったなと感じています。
英語というのは、世界を広げてくれるツールといっても過言ではありません。今後も自分の可能性を増やすために、勉強を続けていこうと考えています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop