高校受験に見事合格しました!英検体験談

2011年7月23日
LINEで送る
Pocket


英検受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]私が受けたのは中学生の時の英検3級でした。その頃、特に英語なんて好きでもなかったのですが、高校入試にメリットが大きい!高校になってから受けると難しい!とあれやこれや言われ、多くの同級生も受けるということで一緒に受けました。
筆記に関しては、まあ傾向問題をやるしかないということで演習をやったのである程度のところまでは出来る感じにはなってました。ただ、問題になりそうだなあと思っていたのがリスニングと面接だったです。
リスニングに関しては、どうも不得意で基本的には耳慣れた英語しかわからない状態でしかもその単語に引っ張られる傾向があって全体を捉えられてない、と指摘を受けていました。

英検受けた印象

まあそれでも選択式の問題だったので、絶対違うものを選んで消去していくという方法を教わり、その方法で対応しようということになりました。残ったのが面接で、こればかりはあがり症だった私には対策もしてもしょうがない、って感じで悩んでました。
他の中学校はどうだったかわかりませんが、うちでは面接のデモンストレーションをやって慣れようって対策はしていました。それに加え、「アイ ベック ユア パードン」。
もう綴りとか忘れましたが、とにかく面接の時に少しでも分からなければ、無言になってしまうとか、日本語で答えるのはもちろん×で、英語でも間違いを回答してしまうより、この「アイ ベック ユア パードン」と一度言ってみなさい、と教わりました。

英検を受けたその後

今でこそ、意味はわかってますが、当時はどういう意味かも分からず対策として覚えていました。そして、実際に面接のときにも数回使いました。まあそのおかげなのかわかりませんが、見事合格することが出来ました。
そういうものだったのかもしれませんが、何かこの「アイ ベック ユア パードン」という言葉のおかげで面接に対しての心構えも違ったのかなあと思っています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop