英検が大学入学後に活かされる!?英検を取得して得したこと

2012年4月14日
LINEで送る
Pocket


英検受けた理由

私が英検を受けたのは、持っていれば、進学や就職の際に役に立つと思ったからです。英検の教材を勉強していて、英検は日本人向けの英語であるということは聞いていたけど、勉強していたから、受験勉強における英語の勉強は楽に感じました。英検は受験英語にすごく似ている部分があり、他の英語の資格試験に比べるととても役に立ちます。ただし、海外に行くこと等を考えると必ずしも役に立つとは言えません。

英検を受けた印象

英検を受けた印象はまさに受験と同じ感覚でした。問題集をいくつか勉強し、対策をすればある程度までは資格を取ることができます。面接については、塾や学校等で対策をしてくださったので、そのお蔭で緊張することもなく、面接を受けることができました。やはり、英検は長年行われていて、面接官も絶対に落としてやる、というのではなく、合格させたいと思いながらやってくださっているんだと思います。

英検を持ってて得したこと

英検の資格を持っていて得したことはまだ特にないですが、勉強したことそのものが自分のものになっていると感じます。英語は普段使うわけではないですが、文法や単語など、当時勉強したことがふとしたときに役立ちます。英会話をする際にふと必要になったり、英検を受けるという子どもに対しても偉そうに教えることができます(笑)。英検を受けた体験そのものが役立っています。
ただし、英検準一級や一級を取得していると、私の通った大学では、授業で出席やテストをしなくても、持っているだけでA判定をもらうことができました。残念ながら私はそこまでの実力を持っていないので、英語の授業を受けましたが。もし英検の資格を取るのなら、最後までやりきるととても役に立つと思います。それを知っていれば、私ももうすこし頑張ったかもしれません。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop