英検2級の難易度は!?今年英検2級を受けてみた

2012年4月6日
LINEで送る
Pocket


英検を受けた理由

私は英語検定を受験しました。英語検定といってもいろいろあると思いますが、文部科学省認定の英語検定2級を受験しました。なぜ英語検定を受けようかと思ったかというと、英語能力を示す物がほしかったということです。またどうせ英語を学習するのなら資格として残せる物がほしいと思っていました。
TOEICが今は主流ですが、点数が2年間しか有効でないためいつかは期限がきれてしまい何度も受験しないといけないこと、費用も高めであること、また面接がないのでスピーキングの向上にならないと考えたので、英語検定を受けることに決めました。

英検を受けた印象

受けた印象としては2級になると難しくなってくるということです。実は以前に3級や準2級なども受験したことがありますが、そちらはわりと時間に余裕がありましたが、2級になると時間が少し足らないという印象でした。特に長文問題が多くなり、時間がかかるわりに最後なので、しっかりと読むことができませんでした。
また語彙力も求められるので、知らない単語や熟語もでてくるなという印象でした。こういうのは知らないと解けないので、かなり困りました。なぜなら勉強した所がでるわけでもないからです。あと面接も準2級よりも聞かれるや答えることが難しかったりしました。一応勉強の成果を出すことができなんとか合格しましたが、もっと学習しておけばよかったなと思いました。

英検を持ってて得したこと

資格を持っていて得したことは特にありませんが、履歴書などに書けるということが得したことだと思います。また過度の英語能力を期待してはいないけれども、少しくらい英語ができる人がよいという企業に対してはよいアピールになると思っています。次は準1級を受験したいと思っているので、勉強を頑張ります。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop