中学生必見!英検3級を合格するための4つのコツ

2012年4月4日
LINEで送る
Pocket


英検を受けた理由

私は大人になってから英検3級を受けました。私は、学生の時は、英語にあまり興味がありませんでしたが、大人になって英語、スペイン語、中国語、フランス語を話せる方に出会いました。その時に、その方から英語は話せたほうがいいと言われました。また、TIMEという英語のニュース誌があるから、TIMEを毎週読めるようになりなさいと言われました。
でも、私には難しすぎてわからないでしょうと言いますと、大人になってからでも遅くはないです。今からでも、できると言われました。そして、中学生のレベルの英語力があれば、全てはわからないが、おおまかに理解できるからと、楽しくなるとアドバイスをいただきました。私は、その方のすごさに、感服して、恥ずかしくなり、せめて、じゃべることはできなくても、TIMEを読めるようになりたくなりました。そのため、基礎的な英語力をつけるために受けたのが、英検を受けた理由です。

英検を受けた印象

英検3級を勉強するために、本屋さんでテキストを購入しました。すると、中学生の時に授業で習ったような記憶がよみがえってきました。その記憶を辿りつつ、わからないところはテキストに書いてあることを、何回も読んで理解しようとしました。さて、試験当日は、大人は私を含めぽつぽつしかいなくて、中高生に囲まれて、場違いな雰囲気を感じながら、一生懸命がんばりました。

英検を持ってて得したこと

早く回答が終わって、席を立ち帰っていく、若い学生を眺めながら、最後まで見直しをしました。最後までわからない問題もありました。でも、全力を尽くしたという満足感はありました。それから、数週間後、結果のはがきが届きました。見事、合格しました。とても、嬉しかったです。資格を持ってて得したことは、客観的に言って、私の英検3級合格はあまりレベルが高いことでは、ありませんが、自信を持てるようになりました。それでも、何も英検の資格を持っていない人からは、すごいと言ってもらえます。そして、英検を受けたことを英語をすすめてくれた方に話すと、さらに親しくなることができましたことが良かったです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop